ジャコ・パストリアス ディスコグラフィー1978年




New Beginnings

cd_new_beginnings

Cockrell & Santos (A&M)
バド・コックウェル自身がベースを弾くため、ジャコはリズム・ギターで参加する。《I Tried It All》1曲のみ演奏。コンピレーション盤『レア・コレクション~50thアニヴァーサリー・エディション 』にも収録。

Everyday Everynight

Flora Purim (Warner Bros.)
《The Hope》《Five-Four》《Las Olas》《Blues Ballad》の4曲に参加。《Las Olas》はジャコ作曲。R・ブレッカー、H・ハンコック、D・サンボーンetc.ら豪華メンバーが揃う。
アルバム情報を見る

Sunlight

Herbie Hancock (Columbia)
ハンコック、トニー・ウィリアムスとのトリオを主体とした《Good Question》1曲のみ演奏。トリオらしからぬ凄まじい演奏。コンピレーション盤『Not Fusion But True Jazz』にも収録。

Intimate Strangers

Tom Scott (Columbia)
Stuffのメンバーがバックで参加。ジャコは《Lost Inside The Love Of You (Reprise) 》1曲のみ参加。ジョニ・ミッチェル『ミンガス』に似たイントロの短尺曲。コンピレーション盤『Not Fusion But True Jazz』にも収録。
アルバム情報を見る

Mr. Gone

Weater Report (Columbia)
ジャコの曲《Mr. Gone》,《Punk Jazz》収録。《Young And Fine》ウェザー・リポートにピーター・アースキン(dr)が参加。他にトニー・ウィリアムス、スティーヴ・ガッドが名を連ねる。ラスト・チューンに、モーリス・ホワイト(vo)の短いヴォーカルも。

Live Weather

cd_no_image

Weater Report (Show Company)
収録の一部にアルフォンソ・ジョンソンがベースを弾いた曲が含まれる。(Bootleg)

Back in Town – Live from The Players Club

Jaco Pastorius (King International)
フロリダの「ザ・プレイヤーズ・クラブ」で妻のトレイシーの誕生日を祝ったライヴ音源。アレックス・ダーキィ(key)と、リッチー・フランクス(ds)とのトリオ。2007年リリース。
アルバム情報を見る

Young And Fine Live! 【DVD】

Weather Report (Bs Music)
1978年9月29日、ドイツの「Offenbach Stadthalle」で行われた公演を収録。2004年リリース。これと同じ内容のDVDが、ウェザー・リポートのベスト盤『Forecast: Tomorrow 』に同梱されている。(Bootleg)

Live in Offenbach 1978 【2CD】

Weather Report (art of groove)
上記『Young And Fine Live』と同じステージ。2011年リリースの輸入盤2枚組CD。

Live in Offenbach 1978 【DVD】

Weather Report (art of groove)
上記『Young And Fine Live』と同じ内容。2011年リリースの輸入盤DVD。

Live in Offenbach 1978 【2CD+1DVD】

Weather Report (Ais)
上に掲載した同タイトルのCDとDVDの単品売りをワンパケにしたもの。2016年リリース。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です