ジャコ・パストリアス バイオグラフィー(1)1951年~1976年

フレットレスベースを自ら開発。十代で確立した奏法がジャズで開花

1951年12月1日ジャコ・パストリアス(本名ジョン・フランシス・パストリアス三世)はペンシルバニア州ノリスタウンに生まれる。7才でフロリダのフォート・ローダーデイルに移住。祖父は軍楽隊のドラム軍曹、父もシンガー&ドラマーとして生計を立てていたこともあり、ジャコが最初に手にした楽器はドラムだったが、フットボールの練習中に右手首を負傷。ドラムをプレイするには致命的なダメージを受け、13才でベースに転向する。




17歳にはベースを完全に弾きこなすまでに上達しており、18歳になると「ウッド・チャックと」名づけたオルガン、ベース、ドラムからなるバンドを結成。ここから本格的な音楽生活に入る。人口ハーモニクスといった奏法の発見、フェンダー・ジャズベースとアコースティック360ベースアンプとの出会い、ロトサウンドのラウンドワウンド弦を一度熱湯に通して使用するなど、満足できるサウンドの追求に余念がなかった。

Jaco Pastorius / Woodchuck (King International)

19歳にはその後のサウンドの方向性を決定付けたフレットレスベースを自ら製作する(ジャズ・ベースのフレットを抜いてエポキシ樹脂で指板を保護する加工を行った)。その頃、ブラスセクションを擁した大所帯の地元R&Bバンド、トミー・ストランド・アッパー・ハンドでベースを担当。

Jaco Pastorius / Tommy Strand & TheUpper hand Featuring Jaco Pastoius (King International)

20歳には後の活動に大きな影響を与えることになるウェイン・コクラン&CCライダースに加入。テクニックだけでなく作曲・アレンジにおいても早熟ぶりを発揮していた。
22才には、マイアミのクラブ「バチェラーズIII」の専属バンドに雇われ、ビッグ・バンドのホーンアレンジメントなどに磨きがかかった。このバンドは後に結成されたジャコ・パストリアス・ビッグ・バンドでトロンボーンを吹いていたピーター・グレイブスが音楽監督を務めたバンドだ。この頃、マイアミにやってきたジャズサックス、トランペット奏者アイラ・サリバンとも演奏し、ジャズへ傾倒することになる。23歳にはジャコの初レコーディングとされるR&Bシンガー、リトル・ビーバーのアルバム『パーティ・ダウン』の録音に参加。

Little Beaver / Party Down (CAT)

レアなグルーヴ感覚を身上とする独自のベーススタイルを確立しつつあったジャコは、やがてジャズへ傾倒、サックス奏者アイラ・サリバン、トロンボーン奏者ピ-ター・グレイブスなどとプレイするようになる。そのころサリバンは、マイアミ大学でジャズクリニックを開いていて、よくジャコを同伴させた。これを機にジャコはマイアミ大で週二回個人レッスンをするようになり、大学で知り合ったパット・メセニー、ピアニストのポール・ブレイ、ドラマーのブルース・ディトマスらと知り合い、いくつかの曲を録音したが、そのセッションもリリースされている。

Jaco Pastorius, Pat Metheny, Bruce Ditmas, Paul Bley / JACO (Improvising Artists)

1975年ブラッド・スェット&ティアーズがツアーでフォート・ローダーデイルを訪れていた。このバンドのドラマー、ボビー・コロンビーがジャコと出会う。コロンビーは後にデビュー作のプロデューサーとなる人物だが、彼は偶然にもジャコの妻、トレイシーをナンパしようとしたのがきっかけで、ジャコを知ることになったのだ。コロンビーはトレイシーから自分の夫がベーシストだと紹介され、冷やかし半分でジャコの演奏を聞きにいったが、その演奏を聴き、超人的なテクニックに衝撃を受けた。

単なるミュージシャンとしてだけでなく、大手レコード会社EPICからプロデューサーの立場で活躍していたコロンビーは、早速ジャコにEPICのオーディションを受けさせた。ジャコはオーディションでも皆を驚嘆させ、デビュー盤のリリース契約をとりつける。その録音から2ヵ月後、ジャコはパット・メセニーとドイツに渡り、メセニーのデビュー盤『ブライト・サイズ・ライフ』の録音にも参加。1976年ジャコは『ジャコ・パストリアスの肖像』によりメジャーデビューを果たした。

Pat Metheny / Bright Size Life (ECM)

Jaco Pastorius / Jaco Pastorius (Epic)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です