Jaco Pastorius / Woodchuck

Woodchuck

2003年から発売されているジャコ・パストリアスの初期音源発掘シリーズ「The Early Years Recordings」の第4弾は、ジャコが18歳で結成したオルガン・トリオ「Woodchuck」の演奏。ジャコのフロリダ時代の親友でシリーズ・プロデューサのボブ・ボビングが所蔵しているライブ録音とデモトラックのプライベート録音をまとめたものである。
参加メンバーはファースト・アルバム『Jaco Pastorius』収録の《カム・オン・カム・オーヴァー》を共作したボブ・ハーツォグ(ds, vo)、フロリダでも有名なハモンドオルガン奏者だったビリー・バーク。
演目はアレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケットなどのカヴァー。ハーツォグのヴォーカルを主体とした演奏で、ジャコはバッキングに徹している。#5《テル・ダディ》は『Legendary Demo & Live Tracks』収録のものとは別のバージョン。2008年リリース作品




Woodchuck

Jaco Pastorius (King International)

Tracklist

  1. Think (Aretha Franklin) 6:06
  2. Something You Got (Kris Kenner) 3:55
  3. Ninety-Nine And A Half (Won’t Do) / Soul Medley (Wilson Pickett) Medley of soul tunes form the 60’s 13:05
  4. Tell Daddy (Clarence Carter) 5:07
  5. Barefootin’ / Soul Medley (Robert Parker) Medley of soul tunes form the 60’s 10:52
  6. Fannie Mae (Buster Brown) 4:22

Personnel

Jaco Pastorius – bass guitar
Billy Burke – organ
Bob Herzog – drums, vocal




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です