Little Beaver / Party Down

Party Down

ジャコ・パストリアスがプロ・ベーシストとしてのファースト・レコーディングとされているR&Bシンガー、リトル・ビーヴァーの1974年作品『Party Down』。本作からは《Party Down》、《Let The Good Times Roll》の2曲がR&Bチャートにランクイン。マイアミ・ソウル・シーンでセッション・ギタリストとしても活躍したリトル・ビーヴァーの出世作。

ジャコの粘っこいグルーヴがたまらなく良い#5《I Can Dig It Baby》が聴きどころ。なぜかジャコはこのアルバムで「Nelson “Jacko” Padron」の変名でクレジットされている。

ジャコの演奏曲だけを聴きたい向きには、ジャコのアンソロジー2枚組『Punk Jazz – The Jaco Pastorius Anthology』や、ジャコの客演曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『Rare Collection』と『JAMS Jaco Pastorius Rare Collection』がある。




Party Down

Little Beaver (CAT)

Tracklist

  1. Party Down (Willie “Beaver” Hale) 3:14
  2. Party Down (Part Two) (Willie “Beaver” Hale) 3:01
  3. Money Vibrations (Willie “Beaver” Hale) 3:35
  4. Get Into The Party (Willie Clarke / Willie “Beaver” Hale) 4:12
  5. I Can Dig It Baby (Willie Clarke / Willie “Beaver” Hale / Betty Wright) 6:58
  6. Let The Good Times Roll 5:20
  7. Let’s Stick Together (Willie Clarke / Willie “Beaver” Hale) 5:00

Personnel

Ron Bagdon – bass
William Clarke – percussion
Willie “Beaver” Hale – guitar, vocals
Glen Holmes – percussion
Benny Latimore – keyboards
Nelson “Jacko” Padron (Jaco Pastorius) – bass
George “Chocolate” Perry – bass
Timmy Thomas – keyboards
Betty Wright – vocals




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です