ドキュメンタリー映画『Jaco』 DVDとブルーレイ・ディスクでリリース! サウンドトラックも同時発売

長年(かれこれ10年以上)制作が噂されつつ、幻と化していたジャコのドキュメンタリー映画がついに完成。そしてDVD作品としてリリースも決定!というニュースが飛び込んできた。このドキュメンタリーの製作にあたり大きな役割を果たしたのは、ジャコが「青春時代のヒーローだった」と語るメタリカ(Metallica)のロバート・トゥルージロ。彼は製作資金を提供し、リリース資金はクラウドソーシングで調達した。




監督はバックストリート・ボーイズ結成20周年記念ドキュメンタリー作品「BACKSTREET BOYS:SHOW ’EM WHAT YOU’RE MADE OF」(2015年)や、ローリング・ストーンズのドキュメンタリー作品「ストーンズ・イン・エグザイル 『メイン・ストリートのならず者』の真実」(2010年)で知られるスティーヴン・カイヤック (Stephen Kijak)

jacothefilm.com(オフィシャルページ)

音楽情報サイトamassからの抜粋

ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画『Jaco』、海外でのDVD/Blu-rayリリースが決定
数々の名演を残した偉大なベーシスト、ジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius)のドキュメンタリー映画『Jaco』。海外でのDVD/Blu-rayリリースが決定。発売は11月27日で、同日にはオリジナル・サウンドトラック・アルバムもSony/Legacyから発売される予定。
11月27日は、米国のブラック・フライデー期間に行われるレコードストアデイ(Record Store Day’s Black Friday)が開催される日。映画のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたメタリカ(Metallica)のロバート・トゥルージロ(Robert Trujillo)はこの日、ニューヨークのショップにてインストア・イベントを開催する予定です。
この作品は、リリースに向けてのキャンペーンがクラウドファンディングサイトPledgeMusicにて行われたもの。キャンペーンは無事成功となりリリースに漕ぎ着けています。
映画は、およそ4年の月日をかけて製作された作品で、ジャコの家族や友人のほか、ラッシュ(RUSH)のゲディー・リー(Geddy Lee)、スティング(Sting)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)のフリー(Flea)、ブーツィー・コリンズ(Bootsy Collins)、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、カルロス・サンタナらの証言によって、ジャコパスの音楽や人生、死などを描いています。

amassのページ(2015/09/22掲載)

Youtubeにインタビューシーンがプロモーション用にアップされています

JACO【DVD】

Jaco Pastorius

オリジナル・サウンド・トラックも同時発売

上記ドキュメンタリー作品『JACO』のサウンドトラック。ジャコ自身のプレイのほか、ジョニ・ミッチェルなどへの参加作、またロドリーゴ・イ・ガブリエーラやトゥルージロとレッチリのフリーのデュオによるカヴァーも収録。

ロバート・トゥルージロ、レッチリのフリーらが参加したスペシャル・グループMass Mentalによる「Come On Come Over」のカヴァーが視聴できます。

Jaco Original Soundtrack【CD】(Import)

Jaco Pastorius

ロバート・トゥルージロ以下、このセッションに参加したメンバーらによるメイキングエピソードを紹介。

<




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です