【2024年6月21日発売予定】ジャコ・パストリアス参加ジョニ・ミッチェル4作品のボックスセット『The Asylum Albums (1976-1980)』がCDとLPで発売

The Asylum Albums (1976-1980)

ジャコ・パストリアスが参加したジョニ・ミッチェル4作品のボックスセット『The Asylum Albums (1976-1980)』が発売される。1976年~1980年にジョニ・ミッチェルがアサイラム・レコードに残したス…

続きを読む →

【2024年03月29日発売予定】ジャコ・パストリアス在籍ウェザー・リポート1978年オッフェンバッハのライブ盤2CDが新デザインで再発。

Offenbach, Germany 1978

ジャコ・パストリアス在籍ウェザー・リポート1978年9月のドイツ、オッフェンバッハでのライブ盤2枚組が装いも新たに再発される。 ジョー・ザヴィヌル(key)、ウェイン・ショーター(sax)、ジャコ・パストリアス(b)、レ…

続きを読む →

【2024年03月29日発売予定】1985年にビッグ・バンド編成で行われたジャコのライブ音源を2CDでリリース!トゥーツ・シーツマンス参加。

New York 1985

1985年1月にニューヨーク、ローン・スター・カフェで、ジャコを中心としたビッグバンドのライヴパフォーマンスを収録した2枚組CDがHi Hatレーベルからリリース。 トゥーツ・シールマンスほか計21人編成のビッグバンドが…

続きを読む →

【2023年10月20日発売予定】『アーリー・イヤーズ・レコーディングス』をはじめとするジャコ・パストリアス廃盤5作品がタワーレコード限定で再発!

Jaco Pastorius 5Albums

ジャコ・パストリアスの活動初期音源を収録した5作品『アーリー・イヤーズ・レコーディングス』(2011年)、『ライヴ・フロム・ザ・プレイヤーズ・クラブ』(2007年)、『ウッドチャック』(2008年)、『トミー・ストランド…

続きを読む →

【2023年10月20日発売予定】ジャコ・パストリアス、ブライアン・メルヴィン『ジャズ・ストリート』アナログ180g重量盤、今年も再発!

Jazz Street

ジャコ・パストリアス、ブライアン・メルヴィンの共作『ジャズ・ストリート』がアナログ180g重量盤で再発される。本作品は昨年8月に「Music On Vinyl」レーベルからアナログ盤でリリースされていて、14カ月ぶりの再…

続きを読む →

【2023年9月10日発売予定】ジャコ・パストリアスのセカンド・アルバム『Word of Mouth』が輸入アナログ盤で復刻

Word Of Mouth

ジャコ・パストリアスの1981年発表のセカンド・アルバム『Word Of Mouth(ワード・オブ・マウス)』が輸入アナログ盤で復刻される。現時点で商品の詳細仕様は未定だが、商品写真からフルカラーのライナーノーツの同梱が…

続きを読む →

【2023年6月21日発売予定】ジャコ・パストリアス参加作品マノーロ・バドレーナのリーダー作『Manolo』がSHM-CD仕様で再発

Manolo Badrena - Manolo

ウェザー・リポートでジャコ・パストリアス、アレックス・アクーニャと共にグループを支えたパーカッション奏者、マノーロ・バドレーナ(Manolo Badrena)の初リーダー作『Manolo』(1979年)が再発される。ジャ…

続きを読む →

【2022年8月19日発売予定】ジャコ・パストリアス参加作品、ブライアン・メルヴィン『ジャズ・ストリート』が180g重量盤アナログ再発

Jazz Street

1985年から1986年にかけて録音されたブライアン・メルヴィン名義のジャコ参加作品『ジャズ・ストリート』が、アメリカからの輸入アナログ盤で再発。180gの重量盤仕様との事です。 CDでは去る7月6日に再発されたばかり。…

続きを読む →

【2022年7月6日発売予定】ジャコ・パストリアス参加作品、ブライアン・メルヴィン『ジャズ・ストリート』が2年ぶりに再発

Jazz Street

ブライアン・メルヴィン(ds)のバンドにジャコが客演した『ジャズ・ストリート』が期間限定で再発売決定。 1986年録音で、初版リリースはジャコの没後1989年。当時はブライアン・メルヴィン名義の作品だった。CDジャケット…

続きを読む →

【2022年04月22日発売予定】現在廃番のジャコ・パストリアス『ジ・アーリー・イヤーズ・レコーディングス』が輸入盤で再発!

Early Years Recordings

初版は2006年。2009年には廉価で再発された『ジ・アーリー・イヤーズ・レコーディングス』。現在は廃番となっているが、このほどイギリスからの輸入盤で再発のニュースが入った。 パット・メセニー(g)とのボストン・ライヴ音…

続きを読む →