Weather Report / Mr. Gone

Weather Report / Mr. Gone

ウェザー・リポートの9枚目のアルバム『Mr. Gone』(1978年)。前作『Heavy Weather』まで正メンバーだったアレクス・アクーナ(ds)が脱退し、マノーロ・バドレーナは#1《Pursuit of the Woman in the Feathered Hat》のみにスポット参加。ピーター・アースキン、トニー・ウィリアムス、スティーヴ・ガッドがサポートドラマーとして参加。

本作『Mr. Gone』ではメンバー交代だけでなく楽器や楽曲においても大きなチャレンジが行われた。ジョー・ザヴィヌル(key)は各曲のオーケストレーションにポリフォニック・シンセサイザーを導入した。緻密なアレンジによる曲作りはジョー好みの作品に仕上がったが、その裏でジャズ本来の魅力であった即興性が影を潜めた。
楽曲面ではアース・ウィンド&ファイアーからモーリス・ホワイト(vo)を迎え#8《And Then》を収録した。ちなみにウェザー・リポートはこの時までヴォーカル曲を収録したことはなく大きな話題となった。

ジャコは前作と同様にベース・プレイヤー兼コ・プロデューサーとしてクレジットされ、本作へは自作曲《Punk Jazz》を提供した。
ジャコは生前インタビューで「Punk(パンク)」の意味についてこのように語っている。

俺はフロリダ出身のパンク、ストリート・キッドだ。オレの住んでたあたりでは、パンクとは生意気な奴のことを指した。物事に全然かまわないって点では、俺はまさに生意気な奴だよ。
パンクってのは悪い言葉じゃない。自分を擁護できるだけの度胸があり、尊敬に値する人のことを指すんだ。流行りのイギリスからやって来たパンク・ミュージックの、鼻にピントか通してる連中やっていることとは関係ないよ。俺は自分の音楽をパンク・ジャズってもう十年間呼んでいる。そのイギリスの音楽が流行る、ずっと前からね。
───ビル・ミルコウスキー著『ジャコパストリアスの肖像』より




Mr. Gone

Weater Report (Columbia)

Tracklist

  1. Pursuit of the Woman in the Feathered Hat(Josef Zawinul)5:02
  2. River People(Wayne Shorter)4:50
  3. Young and Fine(Josef Zawinul)6:55
  4. Elders(Wayne Shorter)4:19
  5. Mr. Gone(Josef Zawinul)5:21
  6. Punk Jazz(Jaco Pastorius)5:08
  7. Pinocchio(Wayne Shorter)2:26
  8. And Then(Josef Zawinul)3:21

Personnel

1. Pursuit of the Woman in the Feathered Hat
Peter Erskine – drums, voice
Jaco Pastorius – drums, bass, voice
Josef Zawinul – keyboards, kalimba, thumbeki drums, sleighs bells
Wayne Shorter – soprano saxophone, voice
Jon Lucien – voice
Manolo Badrena – voice (solo)

2. River People
Jaco Pastorius – drums, voice, timpani, electric bass
Wayne Shorter – soprano sax
Josef Zawinul – keyboards, arp and prophet solo

3. Young and Fine
Josef Zawinul – keyboards, melodica, high hat, voice
Steve Gadd – drums
Jaco Pastorius – electric bass
Wayne Shorter – tenor sax
Peter Erskine – high hat

4. Elders
Wayne Shorter – tenor sax
Jaco Pastorius – electric bass
Josef Zawinul – keyboards

5. Mr. Gone
Tony Williams – drums
Wayne Shorter – tenor sax
Jaco Pastorius – electric bass
Josef Zawinul – keyboards, oberheim bass

6. Punk Jazz
Jaco Pastorius – voice, electric bass
Tony williams – drums
Wayne Shorter – tenor & soprano sax
Josef Zawinul – keyboards

7. Pinocchio
Wayne Shorter – tenor sax
Josef Zawinul – acoustic piano, oberheim
Jaco Pastorius – electric bass
Peter Erskine – drums

8. And Then
Josef Zawinul – keyboards
Wayne Shorer – tenor & alto sax
Jaco Pastorius – electric bass
Steve Gadd – drums
Deniece Williams – voice
Maurice White – vocai

Notes

Recorded at Devonshire Sound, North Hollywood, California.
Producer – Joe Zawinul
Co-producer – Jaco Pastorius
Mixed By – Alex Kazanegras, Jaco Pastorius, Joe Zawinul




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください