Airto Moreira / I’m Fine, How Are You

I'm Fine How Are You

1950年代から活躍するドラマー、パーカッショニスト、アイアートの1977年作品『I’m Fine, How Are You』。サンバのリズムをベースにインストと歌モノがバランスよくミックスされたブラジリアン・フュージョンで、2000年代に入り多くのクラブDJからリスペクトを集める名盤となっている。ジャコ・パストリアスは《Nativity》の収録に参加。

ジャコが参加した《Nativity》は本作のクロージング。陽気なブラジリアン・ミュージックとは一線を画する壮大なスケール感と野性味あふれるサウンドが魅力。ジャコのベースは美しいハーモニクスとパーカッシヴな響きを織り交ぜた印象的なフレーズを紡ぐ。アイアートのパーカッションとジャコのベースを軸に、神の降臨を想像するに相応しい演奏が繰り広げられている。

ところで、本作がクラブ・ミュージック・シーンで再評価される契機となったのは、1997年にドイツのポップグループBellini(ベリーニ)が発表した《Samba de Janeiro》の大ヒットによる。《Samba de Janeiro》は本作に収録の《Celebration Suite》のメロディーを引用したもので、今やブラジリアン・ジャズファンクの古典となっている。




I’m Fine, How Are You?

Airto (Warner Bros.)

Tracklist

  1. I’m fine. How are you? (Airto Moreira) 5:11
  2. Meni Devol (Ruben Rada, Hugo Fattoruso) 5:11
  3. La Tumbadora (Rada, Fattoruso) 3:39
  4. The Happy People (Moreira) 3:48
  5. The Road Is Hard (But We’re Going To Make It) (Flora Purim) 5:32
  6. La Cumbia De Andres (Rada, Fattoruso) 4:24
  7. Celebration Suite (Moreira) 4:16
  8. Nativity (feat. Jaco Pastorius) 6:44

Personnel

Airto Moreira – percussion
Laudir de Oliveira – percussion on “The Happy People” and “Celebration Suite”
Manolo Badrena – percussion on “La Tumbadora”
Hugo Fattoruso – keyboards
Byron Miller – bass on all tracks except “The Road Is Hard (We We’re Going To Make It)”
Abraham Laboriel – bass on “The Road Is Hard (We We’re Going To Make It)”
Jaco Pastorius – bass on “Nativity”
Tom Scott – sax, flute on “I’m fine. How are you?” and “The Road Is Hard (We We’re Going To Make It)”
Raul de Souza – trombone on “The Happy People” and “Celebration Suite”
Charles (Icarus) Johnson – guitar
Oscar C. Neves – guitar on “The Happy People” and “Celebration Suite”
Ruben Rada – vocals on “Meni Devol” and “La Tumbadora”
Flora Purim – vocals on “The Road Is Hard (But We’re Going To Make It)”
Maria Fattoruso – background vocals




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください