Jaco Pastorius / Word of Mouth

Word of Mouth

ファースト・アルバム『Jaco Pastorius』発表から5年を経てエピックからワーナー・ブラザーズへ移籍。1981年に発表されセカンド・アルバム。ジャコの緻密なアレンジが施されたスティール・ドラムとハーモニカが主役のビッグ・バンド・アルバム。

このアルバムに参加しているのはトゥーツ・シールマンス(harmonica)、ハービー・ハンコック(p)、ウェイン・ショーター(sax)、マイケル・ブレッカー(sax)、ヒューバート・ロウズ(fl)、ドン・アライアス(per)、オセロ・モリノウ(steel-ds)、ジャック・ディジョネット(ds)、ピーター・アースキン(ds)とマイケル・ギブス(cond)率いるフル・オーケストラ。総勢70名を超えるプレイヤーが参加した。

レコーディングは1980年から始まり、#1《Crisis》~#3《Liberty City》は8月にロスアンジェルス、10月はニューヨーク、#4《Chromatic Fantasy》~#7《John and Mary》は12月にジャコの第二の故郷、フォート・ローダーデールの自宅にライヴ録音用のトラックを駐車させ録音したたという。

#1《Crisis》のレコーディングはジャコがベーシック・トラックを作り、後に各人がジャコのベース・トラックを聞きながら個別に録音。全ての音が揃ったところでスタジオワークで編集。この曲に参加したアーティストのほとんどはスタジオで顔を合わせることはなかったという。ちなみに、この曲のベースはジャコの弾いたベース音源をサンプリングしたたもの。#2《Three Views of a Secret》はジャコがウェザー・リポート作品Night Passage(80年)』に提供したもの。本作ではトゥーツ・シールマンス大々的にフィーチャーしている。ジャコによれば「この曲はもともとハーモニカのために書いたものだ」とのこと。

アナログ盤では#3《Liberty City》までがA面、#4《Chromatic Fantasy》以降がB面で、#4《Chromatic Fantasy》~#7《John and Mary》までが1つの組曲のよう。#4《Chromatic Fantasy》で驚異的なテクニックを、また#6《Word of Mouth》ではディスト―ションを効かせたベース・ソロ披露。オーケストラも加わって壮大なスケールで展開されるクロージング#7《John and Mary》はスティール・ドラムがサウンドの要。




Tracklist

  1. Crisis (Jaco Pastorius) 5:17
  2. Three Views of a Secret (Jaco Pastorius) 6:05
  3. Liberty City (Jaco Pastorius) 11:57
  4. Chromatic Fantasy (Johann Sebastian Bach) 3:01
  5. Blackbird (John Lennon / Paul McCartney) 2:48
  6. Word of Mouth (Jaco Pastorius) 3:53
  7. John and Mary (Jaco Pastorius) 10:52

Personnel

Don Alias – percussion
Jack DeJonette – drums
Peter Clarke Erskine – drums
Herbert jeffrey Hancock – acoustic piano
Paul Hornmueller – steel pans
Othllo Molineaux – steel pans
Jaco pastorius – produce. horn & string arrangements, electric bass, synthesizer, drums, koto, voice
Robrt Thomas, jr. – percussion
Leroy Williams – steel pans

David Bargeron – trombone, tuba
Roger Bobo – tuba, bass horn
John Clarke – French horn
David Duke
Bobby Findley – trumpets
Chuck Findley – trumpets
Peter Grdon – French horn
Tommy Johnson – tuba
William Lane
Charles Loper – trombone
Warren Luening – flugel horn
Lew McCreary – trombone
Jim Pugh (James E. rugh) – trombone
Bill Reichenbach – bass trombone
Jeff Reynolds
David Taylor – bass trombones
Brad Warnaar – french horns
Snooky Young – trumpets

Michael Brecker – tenor sax
David Breinenthal – bassoon
Robert Cowart
Howard Johnson – baritone sax
Hubert Laws – soprano & alto flute
Lorin Levee
Tom Scott – lyricon
Wayne Shorter – soprano sax
Toots Thielemans – harmonica
James M. Walker – piccolo, flute
David Weiss – trumpets
George Young – saxophone

Jim Gilstrap, John Lehman, Edie Lehmann, Myrna Matthews, Marti McCall, Petsye Powell, Alfie Silas, Zedric Turnbough – vocals

Ato
Brent
Darryl
Jaquetta
Johnny
Lezle
Mari
Mary
Medan
Michael
Paul
Robin
Tammi

Bruce Bransby – double bass
Denyse Buffum – violas
Stuart Canin – violin
Arni Egilsson – double bass
Allan Harshman
William Hymanson – violin
Dennis Karmazyn
Ray Kelley
Gerald Vinci – violin, concert master

Kyke Bronson
Paul Bruno
Bruno Castellucci – percussion
Jules Chaikin – conductor
Tim Devine – keyboards
Laura Gary
Michael Gibbs – conductor, string arrangement
Michael Tylone Knuckles
Deborah Sabusawa
Harvey Michael Schaps
Russell Schmitt
Ricky Schultz
Larry warrilow

Mike Butcher
Hank Cicalo
Jason Corsaro
Bernie Grundman
Richard Hilton
Jerry Hudgins
Didier Leonard
Scott Litt
Vincent Oliveri
John Pelo
Brian Rizner
Robert Upham
Peter Yianilos

Notes

Recording Studios
ARTISAN MOBILE RECORDS, Fort Lauderdale, FL
A&M STUDIOS, Hollywood, CA
CRIMSON SOUND, Santa Monica, CA
DEVONSHIRE SOUND STUDIOS, North Hollywood, CA
POWER STATION, New York, NY
STUDIO KATY, Brussels, Belguim
TRIIAD STUDIOS, Fort Lauderdale, FL




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください