Jaco Pastorius / Live in Montreal

Jaco Pastorius / Live in Montreal

1982年7月のモントリオール・ジャズ祭に出演したジャコの映像作品。1982年といえば6月のクール・ジャズ祭(『Truth, Liberty & Soul?Live In NYC: The Complete 1982 NPR Jazz Alive! Recording』に収録)、9月には日本のオーレックス・ジャズ祭への出演(『Twins I & II』に収録)で総勢21名のビッグ・バンド編成で公演を行っている。本作はその合間の7月にカナダ、モントリオール・ジャズ祭に出演したライヴ映像。ビッグ・バンドの主要メンバー6名(ランディブレッカー(tp)、ボブ・ミンツァー(ts)、オセロ・モリノウ(steel-ds)、ピーター・アースキン(ds)、ドン・アライアス(per))とジャコを合わせた7人編成であった。

#2《Chicken》でジャコは顔にペインティングを施している。ビッグ・バンドではデイビッド・バージェロン(tuba)の独奏が話題となった#3《Donna Lee》、本作ではボブ・ミンツァーのバス・クラリネットの独奏でスタート。ミュート&エフェクトのランディ・ブレッカーとのユニゾン、曲の終盤のジャコのベース・ソロも見どころ。
デジタル・ディレイを使って自身のベース音のサンプリングしたリズム上にベース・ソロを被せる#4《Bass Solo》はまさにジャコの独壇場。ミンツァーが提供した#5《Mr. Phone Bone》は17分にも及ぶ長尺だがジャコは前半7分ほど出てこない(笑)。曲のテーマ部分に入ってから他のメンバーが“早く戻って来いよ~!”な雰囲気が気の毒な感じだが、ジャコが入ってからは一転も強烈にスイングする。#6《Fannie Mae》はジャコのステージでは定番のクロージング・ナンバー。ここでもご機嫌のヴォーカルを披露してくれている(決して上手くはない!)。




Live In Montreal 【DVD】

Jaco Pastorius (Vap)

Tracklist

  1. Overture (Opening)
  2. Chicken (Pee Wee Ellis)
  3. Donna Lee (Charlie Parker)
  4. Bass Solo (Jaco Pastorius)
  5. Mr. Phone Bone (Bobby Mintzer)
  6. Fannie Mae (Buster Brown/Clarence Lewis/Morgan Robinson)

Personnel

Jaco Pastorius – bass
Peter Erskine – drums
Don Alias – percussion
Bobby Mintzer – saxophone, bass clarinet
Othello Molineaux – steel drums
Randy Brecker – trumpet

Notes

Recorded Live At The International Montreal Jazz Festival, July 1982.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください