Jaco Pastorius Big Band / Twins I & II (Live in Japan 1982)

Jaco Pastorius Big Band / Twins I & II (Live in Japan 1982)

1982年9月に日本で開催されたオーレックスジャズ祭のステージを収めたライヴ盤。9月1日の日本武道館、9月4日の大阪フェスティバルホール、9月5日の横浜スタジアムで収録された音源からベストテイクを収めた。初版は1982年にリリースされたアナログ盤で『Twins I』と『Twins II』として日本のみでバラ売りされていたが、1999年に『Twins I & II』として本作が再発された。

このバンドは前年の12月1日にジャコのバースデイ・ライヴ(『Birthday Concert』に収録)で旗揚げ公演を行い、1982年6月ニューヨークのクール・ジャズ祭で本作とほぼ同じメンバー構成で公演を行っている(『Truth, Liberty & Soul-Live In NYC: The Complete 1982 NPR Jazz Alive! Recording』に収録)。
 
ジャコのビッグバンドのユニークなところはその楽器編成にある。ジャズのビッグ・バンドは通常4トランペット、4トロンボーン、5リード(サックスやクラリネットなど)、3リズム(ギター、ベース、ドラム)で総勢17人前後だが、ジャコのビッグバンドはギターレスで、通常は加わることがないチューバやフレンチ・ホルン、スティール・ドラム、パーカッション、ハーモニカが入る総勢21名の規模となっている。
本作の収録内容は『Twins I』と『Twins II』のページに掲載したのでここでは割愛。

オーレックス・ジャズ祭のジャコを収めた作品は本作以外にいくつかリリースされているので整理しておく。
まず『Invitation』。これは本作を1CDにまとめたダイジェスト。所属していたレーベル、ワーナー・ブラザーズとの契約上、アメリカでもリリースする必要があり制作されたもの。ジャコが自ら監修した。
2004年にリリースされた『Donna Lee – Live At Budokan ’82』は同フェスティバル9月1日の日本武道館のステージを収録したもので『Twins I & II』には未収録音源が多数入っている。2006年にリリースされたDVD『Live In Japan』はこの武道館のステージの映像版である。
その他ディスコグラフィー1982年にブートレグを含め掲載している。また、1982年のオーレックス・ジャズ祭の来日珍道中をこのページにまとめた。




Twins I & II

Jaco Pastorius Big Band (Warner Bros.)

Tracklist

Disc-1

  1. Invitation (Kaper)
  2. Soul Intro / The Chicken (Pastorius / Ellis)
  3. Continuum (Pastorius)
  4. Liberty City (Pastorius)
  5. Three Views of a Secret (Pastorius)
  6. Sophisticated Lady (Ellington)

Disc-2

  1. Amerika (Traditional)
  2. Okonkole’ Y Trompa (Pastorius/Alias)
  3. Reza / Giant Steps / Reza (Reprise) (Pastorius / Coltrane / Pastorius)
  4. Elegant People (Shorter)
  5. Twins (Pastorius)
  6. Pac-Man Blues」(Fannie Mae) (Brown)
  7. Eleven (Evans/Davis)

Personnel

Jaco Pastorius – Bass
Don Alias – percussion
Randy Brecker – trumpet
Peter Erskine – Drums, timpani, cong
Bobby Mintzer – tenor & soprano saxophone
Othello Molineaux – steel drum

with Special Guest:
Toots Thielemans – harmonica

and…

Elmer Brown – trumpet
Forrest Buchtel – trumpet
Jon Faddis – lead trumpet
Ron Tooley – trumpet

Wayne Andre – lead trombone
David Bargeron – trombone, tuba
Peter Graves – bass trombone, co-conductor
Bill Reichenbach – bass Trombone

Mario Cruz – tenor & soprano saxophone, clarinet, alto flute
Randy Emerick – baritone sax, clarinet, alto flute
Alex Foster – tenor, alto & soprano saxophone, clarinet, piccolo
Paul McCandliss – tenor Sax, Oboe, english horn

Peter Gordon – french Horn
Brad Warnaar – french Horn

Notes

Recorded Live at Budokan (Tokyo), September 1st, 1982
Festival Hall (Osaka), September 4th, 1982
Yokohama Studium (Yokohama), September 5th 1982




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください