Jaco Pastorius / Full Complete Session from Holiday For Pans (1980-82)

Full Complete Session from Holiday For Pans (1980-82)

1993年にリリースされた『Holiday For Pans』のマスターテープを無編集のドキュメントとして3CDに収録したBOXセット。初版リリースから6年後の1999年に発売された。オマケにTシャツ付いてたね。

このアルバムのマスターテープは、ジャコがレコーディングのために費やしたスタジオ料金などの担保として、親しかったレコーディング・エンジニアのケニー・ジャッケルにジャコが託したもの。ジャコの死後、ジャッケルは費用を肩代わりしてこのテープの所有者となったが、アメリカでは譲渡を証明する書類にジャコ本人のサインが無かったことで、ジャコが所有していたテープとしての認定が受けられていない。

ジャッケルはこのテープをメジャーなレコード会社数社にオークション形式で売ろうとしたが、落札希望額が高額(25万ドル)だったため買い手がつかず、紆余曲折の末ジャッケルからの商談を持ちかけられた日本のレーベル、サウンドヒルズが15万5千ドルで買い取った。

2003年にワーナー・ブラザーズからリリースされたコンピレーション盤『Punk Jazz – The Jaco Pastorius Anthology(2003年)』に収録されている《Good Morning Anya》は、1993年リリースの初版からではなく、このBOXセットの音源だったのが不思議。




Full Complete Session from Holiday For Pans (1980-82)

cd_no_image

Jaco Pastorius (Sound Hills)

Tracklist

Disc-1

1-1. Village Of Angels (Jaco Pastorius) 8:29
1-2. City (Village) Of The Angels (Jaco Pastorius) 16:10
1-3. She’s Leaving Home (John Lennon/Paul McCartney) 12:10
1-4. She’s Leaving Home (Version) (John Lennon/Paul McCartney) 11:50
1-5. Birth Of Island – Part 1 (Jaco Pastorius) 16:48

Disc-2

2-1. Birth Of Island – Part 2 (Jaco Pastorius) 16:09
2-2. Birth Of Island – Part 3 (Jaco Pastorius) 16:40
2-3. Giant Steps (John Coltrane) 9:10
2-4. Myterious Mountain / Good Morning Anya (Allan Hobaness / Jaco Pastorius) 8:40
2-5. Myterious Mountain / Good Morning Anya (Version) (Allan Hobaness / Jaco Pastorius) 9:00

Disc-3

3-1. Elegant People (Wayne Shorter) 8:20
3-2. Holiday For Strings (David Rose) 6:40
3-3. Holiday For Pans (David Rose) 3:50

Personnel

Jaco Pastorius – bass, steel drums (bass pan), percussion, keyboards, voice
Wayne Shorter – saxophone
Don Alias – percussion
Othello Mollineaux – steel drums
Leroy Williams, – steel drums
Mike Gerber – piano
Toots Theilmens – harmonica
Bobby Eocomomov – drums, percussion
Kenwood Dennard – drums
Ted Lewand – guitar
Peter Graves – trombone
Craig Thayler – violin
Michael Gibbs Orchestra

Notes

Recorded at Power Station, KCC Studio and Jingle Studio in New York City, 1980 – 1982.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です