Weather Report / Weather Report (’81)

Weather Report / Weather Report ('81)

ウェザー・リポートが結成11年目にデビュー作と同じタイトルをつけてリリースした通算11作目の『Weather Report (’81)』。リリースは翌1982年。ジョー・ザヴィヌルが《Dara Factor Two》以外のすべての曲を書き、ホーンやストリングスのオーケストレーションの全てをシンセサイザーで再現しているという。プロデュースもジョーが一人で行った(ジャコはアシスタント・プロデューサーに格下げとなっている)。

当時のWRのレコディングというのは、スタジオに入ったら“リハーサル”とか“本番”とかの区別はまったくなく、ともかく一日中演奏し、それをすべてレコーディングし、その中から抜粋・編集していたものをアルバムに収録していたそうだ。
───91年リリースのCDライナー

全体を通しで聴いても緻密な計算のもとで作られたというより、リハーサルセッション的に聞こえてしまう曲が多い印象。ウェイン・ショーターの影も薄いが、ジャコに至ってはまともなソロ・スペースが与えられているのは《N.Y.C.: Part2》くらいである。

本作が録音された1981年、ウェザー・リポートはCBS傘下のARCレーベルと契約していた。ジャコもまたCBSレーベル傘下のEPICレーベルと契約していたが、ライバル会社ワーナー・ブラザーズへ移籍し、ソロ・プロジェクト(Word of Mouth)の制作に入っている。ウェインもソロ活動が多くなり、メンバー全員が揃ってツアーに出ることもままならない状況に陥っていた。

『Weather Report (’81)』はジャコ参加のウェザー・リポート作品としての最終作となったが、ピーター・アースキン(ds)、ロバート(ボビー)トーマスjr.も本作をもってウェザー・リポートを“卒業”した。




Weather Report (’81)

Weather Report (Columbia)

Tracklist

  1. Volcano for Hire (Josef Zavinul) 5:26
  2. Current Affairs (Josef Zavinul) 5:55
  3. N.Y.C. (Josef Zavinul) 10:10
    Part 1: 41st Parallelz
    Part 2: The Dance
    Part 3: Crazy About Jazz
  4. Dara Factor One (Josef Zavinul) 5:26
  5. When It Was Now (Wayne Shorter) 4:46
  6. Speechless (Josef Zavinul) 5:58
  7. Dara Factor Two (Josef Zavinul, Wayne Shorter, Jaco Pastorius, Peter Erskine, Robert Thomas Jr.) 4:28

Personnel

Josef Zavinul – keyboard, percussion
Wayne Shorter – tenor and soprano sax
Jaco Pastorius – electric bass, percussion,voice
Peter Erskine – drums, drum, computer, claves, voice
Robert Thomas Jr. – hand drums, tambourines




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください