ジャコ・パストリアス ディスコグラフィー1979年

Jaco Pastorius Discography 1979




Havana Jam

Various Atists (Columbia)
CBS社長ブルース・ランドヴァル(当時)の提言で、アメリカのミュージシャンとキューバのミュージシャンが一堂に会したコンサート。WRで《Black Market》、トリオ・オブ・ドゥームで《Dark Princeス》を演奏。

Havana Jam

Various Atists (Columbia)
ウェザー・リポートで《Teen Town》、トリオ・オブ・ドゥームで《Para Oriente》《Continuum》の2曲を演奏。

Trio Of Doom

Trio Of Doom (Columbia)
『Havana Jam』に収録されていたトリオ・オブ・ドゥームのお蔵入りだったスタジオ録音音源を収録。しかも『Havana Jam』収録のライブ音源もスタジオ録音だったことが判明。
アルバム情報を見る

Mingus

Joni Mitchell (Asylum)
制作中に共作者チャリー・ミンガスが死去。コンセプトをミンガス追悼作に変更。ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターらが参加。

Manolo

Manolo Badrena (A&M)
ジャコがWRへ加入時一緒にプレイしたパーカッション・プレイヤー、マノーロ・パドレーナ唯一のリーダー作。《The One Thing 》1曲のみ参加。『レア・コレクション 』にも収録。
アルバム情報を見る

Michel Colombier

Michel Colombier (Chrysalis)
フランスの作曲家・ピアニスト、ミシェル・コロンビエのアルバム。当時のフュージョンシーンの人気プレイヤーが総出演。全11曲中、8曲に参加。
アルバム情報を見る

Coucou Me Revoilou

Michel Polnareff (Epic)
日本でも活躍したミシェル・ポルナレフの作品。コロンビエ繋がり?《Une Simple Melodie 》1曲のみ参加。1989年にフランスで発売。

8:30

Weather Report (Columbia)
ウェザー・リポートのライブ盤の中でも最高ランクに位置する作品。一部スタジオテイクが含まれるが、音源を収録したテープが焼失し急遽穴を埋めるために録音されたとのエピソード有り。数あるジャコのベース・ソロ《スラング》の中でも最良はこのバージョンかな。

Shadows and Light【CD】

Joni Mitchell (Asylum)
ジョニミッチェルとのコラボ最終作。1979年9月カリフォルニア州でライブレコーディング。ジャコのほか、パット・メセニー(g)、ライル・メイズ(key)、マイケル・ブレッカー(sax)、ドン・アライアス(dr, per)らが参加。

Shadow And Light 【DVD】

Joni Mitchell (Warner Home Video)
『Shadows and Light』の映像作品。CDにはないジャコのソロ演奏を収録。初版はレーザーディスク。リリースは1980年。

Live At Berliner Jazztage

Jaco Pastorius (Altus)
1979年11月、ベルリン・ジャズ祭でのソロパフォマンス。現地ラジオ番組「Focus On Jazz」の放送音源。2005年リリース。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です